シミ、シワの改善法

微笑む女性

自分の顔をきちんと把握する。

鏡で自分の顔を見る時は、自然と自分が好きで綺麗に見える角度や方向から見ているそうです。 毎日自分の顔を見ているはずなのに、気が付いたらシミやしわやたるみがたくさんあると思わず鏡から目を背けたくなります。
実際に嫌な物は目に入らない様に背けて、日々のメイクやお手入れをしている人は多く、美容にうるさく真剣な人は鏡は3面鏡や拡大鏡を使っている人が多いとの事です。
この様な鏡はシミやしわなどは拡大されてはっきりと見えて、二重あごのたるみは三面鏡の横顔からしっかり見る事が出来ます。
特にたるみを起こしてしまうと、それを解消するには多くの努力と時間がかかります。 少しでもそのたるみが浅い内に認識して、お手入れを開始する事が必要になってきます。

たるみを解消する方法。

顔のたるみにも段階がありますが、部分的に起こっているものだとまだ初期の段階なので、化粧品や顔の筋肉トレーニングやマッサージなどで変化を得られることが多くあります。
段階が進んで、あごが何重にもたるんだり、フェイスラインが崩れてくると深刻になってきます。 この様な状態になるとエステや美容皮膚科で美容機器の力を借りながら、日々のお手入れも並行してやることが、たるみを食い止める近道になってきます。
またプロの力を借りる事によって、自分がするべきお手入れや購入すべき化粧品やマッサージ方法などを詳しく知る事が出来ます。 見たくない事に目を背けずに努力すると、日々鏡で自分の顔を真剣にチェックするようになり、努力の進行状態を見るのが楽しみになります。

フェザーリフトの効果

リフトアップのイメージ

フェザーリフトは溶ける糸です

フェザーリフトは皮膚の下に糸を埋め込み、その糸を引っ張ることでたるみを解消させる施術です。
糸には小さな突起のある物や毛羽がついている物があり、その突起が皮膚の内部に引っ掛かり、糸を頭の方に引くことでたるみを持ち上げます。また突起部分が皮膚を中から持ち上げ、同時に繊維芽細胞を刺激し、肌を活性化させます。フェザーリフトの糸は生体分解性なので体内に吸収されていきます。
フェザーリフトは切らないリフトアップですが、効果が劇的ということはなく、また持続年数も4,5年ということで、たるみの進行があまり進んでいない人に最適な方法といえます。
あまりたるみが進んでいないうちに受ければ、不自然にならずにリフトアップでき、自身の今後のたるみ予防にもなります。

進行していくたるみを治療する方法を長期的に考えます

フェザーリフトは切らないリフトアップとして注目されていますが、劇的にたるみを改善するものではありません。一回で確実に、リフトアップ効果を求める場合には、切るフェイスリフトの方が向いています。
また現在は溶けない糸で伸縮性のある物が開発されています。これはフェザーリフトと同様に、突起などで肌をひっかけてリフトアップするものですが、溶けずに残ります。
伸縮性があるので、筋肉の動きに合わせて伸び縮みします。 将来的に、切るフェイスリフトまで考慮している場合は、早い段階のたるみはフェザーリフトで抑え、フェザーリフトで効果のないたるみが出た時にフェイスリフトで一度にたるみを解消するという方法もあります。
美容外科とは長い付き合いをするつもりで、自身のたるみを、いつ、どのような形で治療するかの予定を考えておきます。フェザーリフトはゆるやかに加齢を遅くする手段となるでしょう。

おすすめの記事